外国人と恋人同士になるほど仲良くなるための3つのテクニック


外国人と交流ができるイベントに参加したり、インターネットでメル友を作って行ったりする中で、どうしても深く仲良くなれないと悩む事もあるかと思います。
それはもしかするとあなたのアプローチ方法や会話の内容に問題があるかもしれません。
ここでは、外国人と仲良くなるためのテクニックをご紹介しましょう。

あいさつをマスターする

国にも寄りますが、世界的に見ると日本は意外に挨拶が軽視されているような気がします。あいさつとは、単に「Hi」だけではなく、その後の「How are you?」から続くちょっとした会話や、ありがとうなどの言葉全てのことです。
ちょっとしたことでもお礼を言うことは重要ですし、出会ったときに一番初めにする会話も大事なのです。そういうものを自然に出来るようになると、ぐっと相手との距離が縮まるのではないでしょうか。テクニックという割に簡単でしょう?ですが、割とこれが苦手な日本人の方は多いです。
よく解らなければ、海外ドラマや洋画などを見て研究してみましょう。
そして日本人を見てみると突然何かの質問をしたり、全く挨拶をしなかったり、ありがとうを言うのを忘れていたりと、結構そう言う事が多いのに気づくのではないでしょうか。

話し上手になる

折角外国人と知り合えても、話題が続かなければ関係を続けて行く事は困難です。常日頃から、自分から話題をふっかけれるようにしておきましょう。相手の趣味嗜好を理解しておくことも重要です。ですから、なるべくあなたと趣味や興味が似通っている方の方が仲良くなりやすいでしょう。
趣味の範囲を広げてみるのも1つの方法でしょう。知識を増やすのもいいことです。
なるべく話せる話題は多い方がいいですから、色んな事に興味を持つといいのではないでしょうか。
因みに日本に居る外国人は、箸が使えるか、寿司が好きかなどのありきたりな質問に疲れてしまっている人もいますから、そういう会話は本当に必要にかられるまでは止めておくと、ちょっとこの子は他の人とは違うなと思ってもらえるかもしれません。

特別扱いしない

外国人と仲良くなる為の最大のテクニックはこれです。相手を特別扱いしない事。どうしても日本では外国人がちょっと珍しいですから、みなさん良くも悪くも特別扱いをされてしまっているのですね。特に日本在住歴が長い方はこれに悩んでいたりします。
ですから、相手をただの1人の人間だと思って、普通に接することが実は一番外国人と仲良くなる為に良い方法だったりします。

まとめ

まとめてみると、コミュニケーション上手になるのが、外国人と仲良くなる為のコツというところでしょうか。ここでご紹介した事を参考にして、外国人とどんどん仲良くなりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする